キャンパスおだわら

「だれもが、いつでも、どこでも、なんでも」学ぶことができる大学

文字サイズ

概要

開設のねらいや目的、事業の概要について

 昨今の厳しい社会経済の中、小田原市では効率的・効果的な行財政運営に努めているところであり、生涯学習の振興においても、学習講座等事業の再編・見直し、受益者負担の明確化等、効率的な事業運営への転換が急務となってきております。
 今般、新総合計画が起動する平成23年度を改革の出発点として、だれもが気軽に生涯学習に取り組むや市民にとって分かりやすい講座体系を提供するとともに、今後のまちづくりの担い手としての市民力を育成するため、「新しい公共」の創設ともいえる市民が主体となる「キャンパスおだわら」を開設することとしました。
 市民主体で運営することにより、より市民ニーズにあった学習講座の提供を可能とするとともに、学習情報提供や学習相談窓口を一体化した運営により、さらなる総合学習の推進が実現し、学んだ成果を活かす機会を提供することに繋げていきます。

キャンパスおだわらについて

 これまで市内では、市による「おだわらシルバー大学」や「生涯学習センター講座」、各行政所管主催の講座があり、民間では「きらめき☆おだわら塾」や各種団体の主催講座、さらに、市内大学の市民公開講座など、官・民・学がそれぞれに企画し実施していました。
 これらを一つにまとめてだれもが、いつでも、どこでも、何でも学べる場が「キャンパスおだわら」です。これまでの講座の良い点を引き継ぎながら誰もが気軽に生涯学習に取り組む機会や、利用者がわかりやすい仕組みを作っていきます。
 生涯学習ボランティアの活動も活発になっている昨今、市民との協働、さらには市民主体の生涯学習事業の展開が求められています。市民の皆さんがまちづくりの担い手としての力を存分に発揮していただくためにも、「キャンパスおだわら」は市民が主体となる生涯学習となり、「新しい公共」の創設のもとに、市民に身近な生涯学習を進めていきます。

キャンパスおだわらの理念

【理念】「まちじゅうキャンパス ~みんなで創るキャンパスシティおだわら~」

〔理念の考え方〕
・「だれもが、いつでも、どこでも、なんでも学べる場」として、市全域で生涯学習を推進する。
・市全域で活発に生涯学習活動が実施され、「キャンパスおだわら」はその活動のすべてを網羅することで生涯学習が充実する。
・「新しい公共」による市民主体の生涯学習を推進する。

目的

  • だれもが気軽に学習できる機会の提供
  • 郷土について知り、学ぶ機会も提供
  • 目的意識を持った知識・技術等の習得
  • まちづくりに意欲をもって取り組む人材の育成

キャンパスおだわらで実施する講座の事業区分について

1)キャンパスおだわらで実施する講座の事業区分

市民講座 ・キャンパス講師講座 ・講座の集約・会場確保・申込受付等の業務を民間団体で企画・運営する。
・公募型市民企画講座 ・公募などにより、個人(含む市民教授)、サークルや団体が講座を企画提案し講座を企画・運営する。
企業講座 ・企業企画講座 ・公募などにもとづき企業が講座を企画考案し、講座を企画・運営する。
教育機関講座 ・教育機関等企画講座 ・市内大学高校の講座等で企画・運営は各施設団体が企画提案し講座を企画・運営する。
行政講座 ・行政企画講座
・行政協働企画講座
・出前講座
・行政委託講座
・行政目的実現のため、市民に提供される講座で企画・運営は各行政所管で行う。

2)講座体系について

ジャンル別学習分野を縦軸として、講座形態を横軸とする組み合わせにより、受講を希望されるかたに とって分かりやすく講座を提供します。

 図(「キャンパスおだわら講座体系」)を展開。
※ジャンル別項目について、分かりやすい分類項目とすべく、運営委員会で見直し中です。
講座ジャンルと講座形態

講座ジャンルと講座形態

キャンパスおだわらの運用体系

1)キャンパスおだわら運営委員会の設置・運営

 関係団体、学識経験者、市民(公募)、行政で構成する「キャンパスおだわら運営委員会」を設置し、キャンパスおだわら運営の円滑な推進を図るための方針決定、協議等を行います。

2)キャンパスおだわら運営の自立促進

 行政が担うべき役割を明確にして委託可能な業務は委託するとともに、自主運営に係わる支援等を充実させ、早い段階での自立したキャンパスおだわら運営を促進します。

キャンパスおだわら運営委員会・概要

 キャンパスおだわらの運営は今後、市民が主体となる生涯学習に取り組んでいきます。その活動についてをこの下記に随時掲載いたします。
 議事録につきましては、小田原市ホームページ内にて掲載しております。併せてご利用ください。

回(日程) 概要
-平成26年度-
第6回(2015/02/10) キャンパスおだわらの開催講座についての議論がなされました。資料(PDF)
第5回(2014/12/19) キャンパスおだわらの運営についての議論がなされました。
第4回(2014/10/22) キャンパスおだわらのあり方についての議論がなされました。
第3回(2014/08/27) キャンパスおだわらの開設講座についての議論がなされました。
第2回(2014/07/02) キャンパスおだわらの開設講座についての議論がなされました。
第1回(2014/04/22) キャンパスおだわらの講座について、あり方についての議論がなされました。
-平成25年度-
第5回(2014/02/26) キャンパスおだわらのあり方についての議論がなされました。
第4回(2013/12/19) キャンパスおだわら人材バンク開催の催しについての議論がなされました。
第3回(2013/10/10) キャンパスおだわら開催講座についての議論がなされました。
第2回(2013/08/08) キャンパスおだわら事業の現状についての議論がなされました。
第1回(2013/06/28) キャンパスおだわら新体制の理念、概念についての議論がなされました。
-平成24年度-
第4回(2013/02/12) キャンパスおだわら情報紙発行の見直しについての議論がなされました。
第3回(2012/11/19) キャンパスおだわらの開設講座についての議論がなされました。
第2回(2012/10/26) キャンパスおだわらの開設予定講座についての議論がなされました。
第1回(2012/8/10) キャンパスおだわらの人材バンク制度についての議論がなされました。
-平成23年度-
第4回(2012/3/22) キャンパスおだわら情報誌発行方針についての論議がなされました。
第3回(2011/11/22) キャンパスおだわらの運営体系についての論議がなされました。
第2回(2011/8/30) キャンパスおだわらの憲章及び学習講座についての論議がなされました。
第1回(2011/5/20) 生涯学習大学(キャンパスおだわら)の設立についての論議がなされました。


キャンパスおだわら運営委員会
(小田原市ホームページ)

サイト内検索


Google

連絡先

キャンパスおだわら事務局
〒250-8555
神奈川県小田原市荻窪300番地
(小田原市生涯学習センター内)
TEL: 0465-33-1890
FAX: 0465-35-5449
Mail: info@campusodawara.jp

PLANETかながわ

Copyright© Campusodawara, All Rights Reserved.